地域調査研究センターYOU

設立目的

地域調査研究センターYOUは、市民の社会活動にかかわる課題についての実証研究を行い、成果を地域に還元し、その発展や活性化に寄与することを目的としています。センターの目的を達成するために、地域の諸問題に関する調査・研究活動の推進を目指します。

活動内容

1.医療・保健・福祉・教育に関する調査および研究

2.大学等の教育機関・講演会・研修会等への講師の派遣

3.各種助成金の獲得

4.医療・保健・福祉・教育に関する講座、講演会、フォーラム等の開催

5.その他、調査研究センターの目的達成に必要な事業

2020年11月5

作業療法士の田部井健人、作業療法士の尾中準志が第54回日本作業療法学会で口述発表をしました。

 

●発表者 田部井健人、尾中準志

テーマ 在宅生活を送っている重症筋無力症患者への作業療法~姿勢制御に着目した治療でバランスと耐久性が向上しADLとIADLが改善した症例~(Occupational therapy for patient with myasthenia gravis at home~A treatment focused on postural control improved life~)

 

●発表者 尾中準志、田部井健人

テーマ fear-avoidance modelからの脱却により生活行為全般が改善した症例~作業療法の視点で屋外歩行を捉える~(A case that breaking away from the fear-avoidance model improved life~Providing outdoor walking in occupational therapy~)

 

学会名 第54回日本作業療法学会(The 54rd Japanese Occupational Therapy Congress & Expo in Niigata 2020)

学会テーマ 作業の魅力・作業の力 ~暮らしを支える作業療法の効果~(The Attractions and Potentiality of Occupation -The effect of Occupational Therapy supporting people’s daily life-)

Web 開催期間 2020年9月25日(金)~10月25日(日)


2020年9月18

作業療法士の尾中準志が会員である和歌山県立医科大学リハビリテーション医学講座より記念誌が発行されました。 

尾中準志の挨拶文、学位、実績、所属(YOU医療保健福祉研究所 訪問看護・リハビリテーションセンターYOU)が掲載されています。

 

和歌山県立医科大学リハビリテーション医学講座 開講二十周年記念誌

 

編集

上條義一郎、幸田剣、小池有美、宮野里佳

和歌山県立医科大学リハビリテーション医学講座


2019年9月7

作業療法士の尾中準志が第53回日本作業療法学会でポスター発表をしました。

 

発表者:尾中準志、出口翔太、田部井健人

テーマ:訪問看護ステーションにおける療法士と看護師の根拠に基づいた連携

(Evidence-based collaboration between therapist and nurse in visiting nursing)

 

学会名:第53回日本作業療法学会(The 53rd Japanese Occupational Therapy Congress & Expo in Fukuoka 2019)

学会テーマ:作業療法研究のターニングポイント(The Turning Point in Occupational Therapy Research)

学会期間:2019年9月6日(金)~8日(日)

学会会場:福岡国際会議場/福岡サンパレスホテル&ホール



2015年12月21日
作業療法士の尾中準志が分担執筆者として携わった書籍が、金芳堂より出版されました。

本書は義肢・補装具が実用的な観点で広く紹介

されており、症例ごとに義肢装具・補装具処方が

提示されています。確実な義肢・装具療法を目指し、代表的な障害と義肢・補装具の使用例が掲載されています。

 

イラストと写真でわかる実践装具療法

  -装具の選択と疾患別使用例-

 

編集

久保俊一 京都府立医科大学大学院教授

田島文博 和歌山県立医科大学教授

B5判・233頁

定価(本体4,600円+税)